山武市成東 マルキ苺園山武市成東 マルキ苺園
人気の「ふさのか」めずらしい「やよい姫」など、
5種類の苺を栽培しています。

山武市成東観光苺組合会員
TOPTOP苺園紹介苺園紹介栽培品種栽培品種料金表料金表アクセスアクセス

食べごろ情報

HOME > 食べごろ情報

main_top.png

品種別のおいしい時期は?

苺のシーズンは、12月後半から翌年の5月中旬までですが、品種によって、早めに実が付くものと遅めのものが有ります。栽培方法や日照時間、気温などによって左右されますが、一般的には1月中旬から2月中旬頃が苺全般的に一番の食べごろと言って良いでしょう。

早めに成長する品種

「さちのか」「ふさのか」
花の数が多いと、どうしても味が分散して甘みが落ちますので、摘花して調整しますが、これらの品種は花が少なめなので、出来る実が多過ぎない事から、玉は早めに育ちます。
1月が食べごろでお勧めです。
ichigo_4351sachi.jpgさちのかichgo_4415fusa.jpgふさのか


標準的に成長する品種

「とちおとめ」「あきひめ」
花がたくさん咲き、実がどんどん出来るので、苺狩りでも代表的な品種。摘花しないと粒は小さくなりますが、へたまで完熟したものは大きい粒より小粒の方が味が乗っていて、苺狩りの常連の方は、小さめで良く熟した物をたくさん召し上がります。
1月中旬から2月中旬が食べごろです。
ichigo_4397tochi.jpgとちおとめko_20111223_4324-aki.jpgあきひめ



日なたの苺と日陰の苺、どっちがおいしい?

日なたの苺は日照時間も長いので、比較的糖度が上がりやすくなります。しかし、苺狩りで食べる時は、直射日光が当たり過ぎたものより、日陰でやや冷えた粒の方がおいしく感じる場合も有りますので、その日の条件と個人の好みも有るでしょう。
比較的、楽に摘みやすい通路の日なた側が人気が高いため、良い粒が少なくなりがちですので、かえって日陰側や、やや狭い通路、目線より下になっている苺など、隠れた所においしい苺が有るかもしれませんよ。
IMG_20120124_5883.jpg

箱入り苺を買った後の保存は?

外気温が低めの3月までは、買って帰った後、冷蔵庫には入れない方がおいしく食べられます。直射日光の当らない暖房していない部屋が良いでしょう。部屋に苺の香りが広がって楽しいですよ。
逆に、春めいて来て温かいなと感じたら、苺の痛みも早まるため、冷蔵庫の野菜室にしまってください。
できれば買った翌朝までに食べる方が、新鮮なおいしさを味わえるのでおすすめです。
box_IMG_20120124_5875.jpg

main_bot.png